脇が臭い 汗

汗と臭いの関係

今度は汗とにおいの関係について見ていきましょう。汗は人間なら誰でも多かれ少なかれかくものです。それを放置するかしないかで汗は嫌なにおいに変わるのです。

 

普通いいとされる汗は99パーセントが水です。健康な人は大抵このようにさらっとした汗をかくでしょう。

 

ところが、体の垢やフケなどが原因で雑菌が肌に増えると、汗が嫌なにおいを発生される場合があります。こうならないためにも、まずは毎日生活に体を保つのがベストといえましょう。

 

よく汗かきほどにおうのでは、といわれていますがそれは間違った認識です。健康な人でも汗をかくのです。でもその汗のほとんどが水分なのです。従って汗をかいてもにおわないのです。

 

汗に雑菌が混じることでにおいが生まれるのです。

 

例えば、スポーツをして汗をかいてもシャワーを浴びなかったりすると、皮膚の垢などに汗が反応して雑菌を繁殖させてしまうのです。それがにおいの原因になるのです。

 

ですから、スポーツ後は汗をよくふき取ってできるだけ肌を清潔に保ちましょう。シャワーが浴びれるなら汗も流すといいですね。

 

もちろん夏の暑い時期も汗をかきます。体質にもよりますが、垢やフケが溜まりやすい人ほど時間経過とともに頭部がにおったり体が汗臭くなります。もちろん脇の下にも汗はかきますので、時間とともににおってくるのです。

 

こまめに汗をタオルなどで拭っておけば大丈夫でしょう。汗とにおいは関係なさそうで密接な関係はあるのです。あなたも気をつけてみてください。

 

脇にも多量の汗をかく

よく緊張すると手に汗握るという事がありますよね。それと同じように、脇の下にも多量の汗をかく事があります。それはなぜかというと、脇の下には汗を分泌するエクリン腺というものがあり、そこから大量の汗が出るのです。

 

もともと脇の下はあまり衛生的な環境ではないので雑菌が発生しやすいのです。

 

そこに大量の汗が流れますのでにおい菌が発生してしまう原因になっているのです。それで脇が臭くなるのです。

 

またホルモンバランスの乱れにより、体中に汗をかきやすくなる病気もあります。

 

バセドウ病などがその例なのですが、もちろん体中ということは脇の下にもたくさん汗が出る状態になります。いくら清潔にしていても追いつかないケースもあるのです。結果、汗臭くなり脇が臭く感じるのです。

 

自律神経のバランスが乱れている場合もよくあることです。とにかく前述のように、ちょっとでも汗を感じたらタオルで拭くなどのこまめなケアが大切になってきます。

 

このように自己対策をするだけでも汗臭さ、脇のにおいを防ぐ方法もあるのです。皆さんも覚えておくといいでしょう。とにかく脇には自分が思っているよりたくさんの汗をかくのです。
ちょっとでも不潔な状態にしておくだけでにおいはすぐに発生するのです。脇はあまり衛生的にもよくない環境を作っているのです。

 

ですから、こまめに拭きとって出来るだけ衛生的な環境を作ってあげるのが一番なのです。そのためにも自己ケアが大切になってくるのです。

 

汗が不快なにおいを発する

汗がなぜ不快なにおいを発するのか。それは体質や食べ物にも影響しているといわれます。

 

肉類を多く好んで食べる方は汗がどろどろになりやすく、そのどろどろになった汗からにおいが発せられるのです。乳製品なども脂質を多く含んでいるので、汗がどろどろになりやすいとか。

 

また長時間汗をかいたままにすると汗が変質してしまい、結果として嫌なにおいを発生するのです。

 

アポクリン腺には、いろいろなにおいに影響する物質が含まれています。それが皮脂腺と混ざり合い、尚且ついろいろな要素が重なって汗が不快なにおいに変わっていくのです。
特に夕方になると汗臭い人が多いのはそのためです。汗自体が皮膚の汚れなどと重なり、においを発してしまうのです。特に脇の下は汗が溜まりやすい場所のひとつ、脇の毛が汗を取りにくくしているのです。

 

結果、脇の汗が変質して不快なにおいを発するのです。前述のようにワキガが原因の方もいますが、汗をかきやすいがためににおいを発生させる原因を作っている人もいるのです。

 

スポーツをしている人は汗をかきやすい体質です。でも、においませんよね?それは体内バランスがきちんとコントロールされているのです。従って汗をかいてもにおわないのです。
運動もあまりしない人や脂肪分が好きな人は、汗をかいてもどろどろな汗なので時間経過とともににおいを発するのです。

 

汗をかきにくい体質の方が、たまに汗をかくとにおいを発するのもこれが原因でしょう。

 

何かいい対策はないか

では、汗がにおいを発しないようにするにはどう対策していったらいいのでしょう?まずは体質改善をしましょう。

 

出来るだけ野菜などを摂取して、脂の多い肉類から魚系に変えれば、脂分が体に入りにくくなり、結果としてどろどろな汗は回避出来るようになるのだと思います。

 

また牛乳は体にいいのですが、飲みすぎは脂肪分が体内に蓄積しますのでご用心。1日一杯程度がいいでしょう。脂肪分が減れば汗もサラサラになり、体の中から健康にもなるし一石二鳥ではないでしょうか。

 

それと普段汗をかきにくい人は、たまにはサウナに入ったりするのもいいと思います。汗を出しやすい体にすることで、体内のどろどろした成分を流してしまうのです。そうすれば汗もサラサラになるし、体内外の老廃物もなくなるのでいいと思います。

 

また1日1時間でもいいので、ウォーキングをするのもいいと思います。走るのは体のあちこちに負担がかかってしまいますが、ウォーキングなら気軽に始められます。

 

こうして健康な汗をかきやすい体質を作っていくのです。後は規則正しい生活リズムを作るようにするのもいいかと思います。決められた時間に起きて食べて、決められた時間に寝る、これだけでも体にリズムが出てきますし、ホルモンバランスや自律神経のバランスも整ってきます。

 

これがサラサラのいい汗が出る要因にもなるのです。におい対策は自分の体質を変えるのが一番適策かと思います。健康な汗には、においはありませんよ。

 

汗をかいたらすぐケアを

汗をかいたら皆さんはどうしていますか?そのまま放置していると汗に雑菌が発生するので、それがにおいの原因になるのです。特に脇の下は雑菌が発生しやすいのですよ。

 

ですから、脇の汗はこまめに拭いたりしてケアしたいですね。今は汗取りパッドなども市販されています。それをつけるだけでも大きく違うと思います。

 

汗をかいたら、タオル状のウェットペーパーで拭くのもいいと思います。メントール成分が入っているものだと、肌がスーッとして気持ちもいいですよね。リラックス効果も狙えるし、ますますいいのではないでしょうか。

 

汗をかきやすい人はかいたなと感じたら、すぐ拭き取る習慣をつけましょう。出来ればハンドタオルは毎日携行したいものですね。ハンカチでもかまいません。汗取りグッズはいろいろと出ています。

 

それらをうまく利用して、できるだけ体に汗を残さないようにするのが、におい対策にもつながっていくと思います。

 

前述のように、健康な汗は帆の99パーセントが水なのです。そういった汗でもにおいを発する場合がありますので、汗をかいたらすぐ拭っておきましょう。

 

特にひどいのがアルコールを摂取した後の汗。体中から嫌なにおいが出ますよね。きっと周りの人も嫌な思いをすると思います。そんなときは、帰宅後すぐに汗を洗い流して少しでも清潔にしておきましょう。

 

汗かきはにおいを発しやすいのではなく、雑菌がにおいを発生しているのです。それを間違えないでくださいね。

page top